« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月 6日 (月)

バーミックス スライシーを使ってみてのその他の感想

買った当時にやってみて、結局は「もういいや」となってしまったもの。

※個人的な感想です。スライシーちゃんは、本当はもっと使える子なのかもしれませんが、ご主人が不出来でごめんなさい。素敵な使い方があったら、教えてほしい・・・。

<肉のミンチ>
元々のバーミックスでも「出来る」とされていたが、どうも上手にできなかったので、スライシーに期待していたのだが、こちらもイマイチだった。私の買ってくる肉の品質が悪いせいなのかもしれないが、肉の繊維が軸に絡まってしまって最後のお手入れが大変だった。
そして、水洗いできない仕様なので、生肉を扱いつつ清潔に使い続ける自信がなくて、結局やめてしまった。なんか、菌とか腐りそうなものが残ってしまいそうというか。

<野菜のスライス・千切り>
スライシーでも、出来ることは出来るけれど、手動のスライサーや包丁のほうが、厚さや長さの調整が繊細にできるので、私としては、前後の準備などを総合的に考えても手動方式ほうに軍配が上がった。

<フルーツシャーベット>
フルーツを凍らせたものをガーっとやって食べるのは、なかなか美味しかった。だが、なんとなく面倒になってしまいやらなくなってしまった。これは、私の嗜好の問題なので好きな人はデザート作りには活躍させられるかもしれない。イチゴの冷凍+オリゴ糖シロップ+バルサミコ酢のレシピは良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

バーミックス スライシーでみじん切り

購入から8年の月日を経て、今の私がバーミックススライシーを使っている作業は以下の2つ。大量のみじん切りが必要な時には、まあ、便利。

<その1>
ミートローフを3本作るときの、ピーマンとセロリのみじん切り。(玉ねぎは水分が出すぎるので包丁でみじん切り)

<その2>
ニンニクのオイル漬けを作る時の、みじん切り。私はこれを冷蔵庫に常備しているので、定期的に作っている。2~3か月(もっと平気かも)は、腐ったりカビたりしないし、チューブよりも断然おいしいし、とってもおすすめなので、手順と写真を置いておく。

ニンニク2個分くらいをスライシーへ。これは使いかけがあったので、2個半くらい。
20170115_174053_4

フタをして、バーミックスをガーっと。かなり細かくなって感動なんだけど、ここまで細かいみじん切りが必要な場面って、あんまりないのよね。1回だとムラがあるので、側面についているのをヘラで下に落とす。
20170115_174310_2

もう一度ガーっとやって、みじん切りは終了。
20170115_174522_2

スライシーの刃を取って、ヘラで瓶に移す。
20170115_174636_2

瓶にオイルを注ぐ。私は太白のゴマ油を愛用。ここでよく混ぜて空気を抜いておくのがポイント。空気が残っていると、緑とか変なきもちわるい色に変色する。(←経験あり)
20170115_175607_2

できあがり。ちょっと今回は瓶に対してニンニクが多すぎた。油がニンニクを覆っていれば、瓶いっぱいに作らなくても問題なし。お肉を焼くとき、ペペロンチーノ、ナムルを作るときなど、少量をさっと使えるのがお気に入り。都度用意するときは、どうしても1かけ単位になるので、多すぎてしまう場合もあるし、ニンニクの皮を剥いたりガーリックプレスを洗うのも面倒だったりする。
20170115_175706_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »