« 2015年10月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

水泳レッスン1年4か月目

 何回目になるんだろう。月2回くらいのペースで、1年と4か月目~。今日も行ってまいりました。なぜか、今日は自分が以前に書いた水泳レッスンの文章を読み返してから行ったので、ふと、レッスンが終わってから一人で2014年12月13日の日記のポーズをやってみたら、足を動かさなくてもプカーッと浮かんでいられました。あの時は、あっという間に沈んだのに!私も、浮かぶ技術が上がっていたのね、腹筋もついたのかもしれない・・・。ちょっと、感動。息継ぎは、未だにちゃんとできないけど!

 今日のレッスン。
 練習前のブクブクパーは、相変わらずやっている。その後はけのびで姿勢のチェック。そして、両腕で掻く。次に、両腕掻きの背中・肩の少し丸まっているような感覚を忘れずに3回掻いて立つ練習。都度、フォームをチェックしてもらう。

・肩を前後にずらすように。(要は、ローリングってやつ?)
・前に出す腕は、思いっきり前へ。胸から上を使って、肩甲骨でぐるぐると回すように。
・前に伸びる事を一番に意識するように、あ、でも後ろに手を回しすぎないように気を付けて。
・後ろ手のフィニッシュは、太もも前くらい。腕は、肘から前はリラックス、力を抜いて。
・首は真っ直ぐ、綺麗に美しく。体の軸を意識して、真っ直ぐ。

 その後、先生に息継ぎの時だけ前の手を支えてもらいつつ、息継ぎクロールを25m×4くらい?疲れましたと音をあげたら、足を着いてでいいからと、歩きながら腕を回して更に25mの息継ぎの練習。そして、先生の補助なしで、最後に25m。なんとか泳ぎ切る。私は先生の方針で、左右両側息継ぎを目指している。なので、3回目の腕の掻きで息継ぎをしているのだが、そうすると、自然に交互に息継ぎとなる。左側を向くほうがかなり下手で、いつも「水飲んじゃうかもなあ」と不安をかかえながら、一か八かの気持ちでやっている。右側の息継ぎは、フォームはともかく、わりと自信がついてきたかなあ、とりあえず大失敗しなければ息は吸える、みたいな。
 
 後半は、先生に肩を支えてもらいながら、背泳ぎを25m×2くらいと、「ちょっと遊ぶ?」みたいなノリで、なんちゃってシンクロのごとく、背浮きをしながら、お腹の横で腕をヒラヒラさせて、前後に移動する練習をした。遊びと言いつつ、背泳ぎの掻きのフィニッシュに繋がる模様。
 最後に、ちょっとだけ、平泳ぎの手の掻き方の練習。平泳ぎは、最近追加しつつあるのだけど、未だにイメージが湧かなくて。体が動かないと言うよりは、正しい姿がまるで頭に入っていないのです。クロールや背泳ぎは、ボンヤリとした目標はあるんだけどさー。

 そんなこんなで、1年4か月。「何が楽しいの」と聞かれることも多々あれど、まあ、楽しいと言うよりはやっていたほうが体と精神のために良いという感覚。そして、これなら金銭的にも時間的にも、なんとか続けられるレベルなので。以下は現状の私的メリットというか続けている(続いている)いる理由。

・月に2回土曜日のレッスンをを前月に予約(平日だと仕事を理由にさぼってしまいそうだけど、それは無し)
・運動によるストレス軽減(泳いでいる時はそのことしか考えていないし、体動かして疲れると色々どうでもよくなる)
・一応有酸素運動なので、カロリー消費?(これはあんまり。そんなに激しくやってないし)
 
 今のところのメリットはこんな感じだけど、『泳げるようになると、「自ずと笑いが込み上げてくるほど楽しい」らしい。』、とこの本に書いてあったので、本当はそこらへんが夢。どうせだったら「楽しい」のレベルに到達したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年9月 »