« 世界の色 | トップページ | 水泳レッスン5回目 »

2014年12月 4日 (木)

大企業大企業って、叩かれてるのが嫌なんですけど。わりと会社を愛しているし。

 野党の選挙演説のことである。
 正直言って、民●党政権で良かったことが思い出せない。一番の思い出は「仕分け」だ。仕分けされて、仕分けされた事業が無くなって、当然その事業にかけられていた保険が無くなって、当時、私が担当していた先の保険の売り上げは無くなった。何かが切り捨てられればどこかにしわ寄せが来る。そんな世の中で、どこかの党が悪だとか善だとか、実感としてわかる?独立行政法人がかけている保険は「悪」ですか?それを募集しているのは民間企業の庶民なんですけど!という気持ち。

 世間でいうところの大企業で、細々と事務の仕事を続けて23年。自●党だろうが民●党だろうが、給料は成績と役職に応じた定給と年に2回の賞与といった構成で、ベアも過去にほとんど経験がない。もしかすると、入社以来経験がない。臨時ボーナスとかで、誤魔化されていたような気がする。むしろ人事制度改定が進み、給与の右肩上がり具合は年々悪くなっている。さすがに大幅に減りはしないが、前年とほぼ同じという時代はけっこうあった。自●党だからって大企業だからって、ウハウハ感なんてないぞ。まあ、景気が良くても悪くても、安定してお給料をくださる会社側の運営には感謝するけど、その分プライベートを犠牲にして働きまくった時代もあったから、オアイコだと思っている。

 でも、そうなると、自●党で何が悪いのさ、という気持ちにもなる。自●党だから困ったということも特に感じないのだ。そして、このような状況は野党が政権をとったからって、どうにかなるとも思えず、そりゃ景気が回復すればいいけれど、今のところ景気回復のために一応動いているのは現政権側にみえる。野党は批判ばかりで、経済回復のためにやりたいことが見えない。

 私はアホなんだろうか。世間をよくわかっていない恵まれたリーマンってことなんだろうか。庶民じゃないのだろうか。でもさ、子供もなく、東京で健気にマンションのローンを返しつつ働いている中年の女性が、勝ち組とは言い難いよね・・・。
 誰かに「わかってないなー」とか説教してもらいたいくらいなんだけど、宗教とか政治とか地雷がいっぱいだから、賢い(笑)私は、外ではやらないのです。夫がさ・・・いたらさ・・・ってこんな時に思うわけよ(T_T) 
 というわけで、こんな僻地のブログで「王様の耳はロバの耳」をやってみた。

 生まれ変わったら、子供を作ってみたいなあと考えることがある。子供を育てられる財力があれば、遺伝子を繋いでみたい。でもそれは、今の私にとってはとてもとても贅沢なことのように感じるのである。「保育所を充実させてほしい」なんて、可愛い赤ちゃんを抱きながらインタビューに答えている若いママの姿なんて、「あなたこそ勝ち組なのでは」って言いたくなっちゃう。

|

« 世界の色 | トップページ | 水泳レッスン5回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大企業大企業って、叩かれてるのが嫌なんですけど。わりと会社を愛しているし。:

« 世界の色 | トップページ | 水泳レッスン5回目 »